外国を漢字で書くとちょっと面白い

a1180_014411.jpg


「亜米利加」はなんと読むのでしょうか。



そうです、アメリカですね。この漢字表記からアメリカの事を米国と書いたりします。亜国ではないんですね。亜の字は亜細亜(アジア)を連想するからでしょうか。

外国地名の漢字表記の一覧が回ってきました。
短歌の歌会などでは言葉にこだわる人も多くて、時々、こんなものが回ってきたりします。短歌で巴里(パリ)なんて表記すると、ちょっと格好良かったりします。格好だけで内容が伴っていないと意味ないですけどね。

中にはクイズのような地名もあります。

「牛津」ってなんでしょう。



正解はオックスフォードです。 あの有名な大学のあるところです。
牛津をオックスフォードと読む不思議を調べてみました。
オックスフォードは英語で書くとOxfordです。 oxは雄牛、fordは浅瀬という意味だそうです。 雄牛+浅瀬で牛津という漢字をあてたらしいのです。
まるでなぞなぞです。

では「剣橋」は?



答えはケンブリッジ。
これは分かりやすいけど、日本語と英語のチャンポンです。

誰が考えたのでしょうかね。
苦難の労作なんでしょうか。
それとも洒落の効いた軽いのり?

まぁ、分かりませんが、こんなのを見ていると楽しくなります。 あんまり役に立つことではないですが好奇心をそそります。時には役に立ったないものを調べてみるのも面白いです。
関連記事

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

Comment

非公開コメント

プロフィール

谺

Author:谺
田舎にようこそ
数年ほど前に鹿児島のとある山里の古民家に移住し、昼は野山を、夜はネットを徘徊しています。

このサイトはそんな田舎暮らしの日々と、暇つぶしに作る短歌の話などを書き綴る備忘録的ブログです。

検索フォーム
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
チャップリンの誕生日が昨日だったので Apr 17, 2018
【転載】連作のすすめ Apr 16, 2018
霧島の山深くに佇む炭化木 Apr 15, 2018
今年もグミの花が一杯咲きました Apr 14, 2018
酢漿草のハートの葉っぱ Apr 13, 2018
サイトマップ

全ての記事を表示

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR