新燃岳 あの火口湖は・・・

1312838950_6b4d16036a_z-546x410.jpg


霧島連山のほぼ中央にあるのが新燃岳です。今年の3月に7年ぶりに噴火をして、今も賑やかです。今回の噴火では溶岩が火口縁から流れ出て心配です。心配なのは災害ですが、幸いに人家など近くになく、付近は入山禁止になっており登山客の被害もなかったようです。もう一つ心配なのが綺麗だった躑躅たちや様々な木々、そして小動物たちですが、どうなっているでしょう。

この前に噴火したのが2011年1月26日です。このブログの登山日誌には噴火前の新燃岳の記事がいくつかあります。当時も噴火前から入山禁止になっており、人気の霧島縦走もできない状態でしたが、そのおかげで噴火による人的被害は無かったと記憶しています。

新燃岳は今でも警戒レベル3で、周囲3Kmは立ち入り規制が続いています。新燃岳は霧島縦走路上にあるので、当然ながら縦走することはできません。人気のコースを楽しめないのは残念です。

DSCN5241-300x225.jpg


おまけに韓国岳登山口にある硫黄山も元気です。ここも時折、立ち入りが規制されています。その規制で韓国岳への登山も大浪池から登る事しかできません。このところ桜島も爆発が多いようです。このあたりの火山は元気が良すぎて困ります。

P1010017-300x225.jpg


新燃岳というと火口湖が独特の色でした。噴火する前でも所々、蒸気らしきものが上がっているところがありました。そんな噴出物などで、あのエメラルドグリーンの火口湖になっていたのでしょう。縦走路はそんな火口湖の縁を歩くようにあったので、疲れた登山者たちは突然現れる山上の海に疲れを癒されたことでしょう。

春になると、その火口壁がピンクに染まります。ミヤマキリシマです。ツツジのピンクと火口のグリーンが素晴らしいコントラストを見せてくれていました。その麓にはミツバツツジの群生があり、ここも素晴らしい風景をみせてくれました。ミヤマキリシマと違って樹高のあるミツバツツジはツツジのトンネルを作ってくれるのです。

P1010063-300x225.jpg

新燃岳の北側にあるのが大幡山です。その大幡山と新燃岳の間には広い草原があります。ここは春になると花畑になります。ミヤマキリシマはもちろん、ツルキジムシロの黄色い花や春リンドウの清楚な水色の花がいたるところに咲いていて素晴らしい風景でした。

今となっては何もかもが懐かしい風景です。あの火口湖は、あの花たちは、いったいどうなったのでしょうね。また、あの風景を望むことが出来るのでしょうかねぇ。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

Comment

非公開コメント

プロフィール

谺

Author:谺
田舎にようこそ
数年ほど前に鹿児島のとある山里の古民家に移住し、昼は野山を、夜はネットを徘徊しています。

このサイトはそんな田舎暮らしの日々と、暇つぶしに作る短歌の話などを書き綴る備忘録的ブログです。

検索フォーム
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
チャップリンの誕生日が昨日だったので Apr 17, 2018
【転載】連作のすすめ Apr 16, 2018
霧島の山深くに佇む炭化木 Apr 15, 2018
今年もグミの花が一杯咲きました Apr 14, 2018
酢漿草のハートの葉っぱ Apr 13, 2018
サイトマップ

全ての記事を表示

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR