韓国岳に初登り(H20/1)

韓国岳山頂やっと初登り。
明日の方が天気が良さそうだけど、もう待てない。
なにはともあれ霧島に、韓国岳に。

天気は随分と申し訳なさそうに雲が覆っています。
「まぁ、しかたないさ」と雲へとも、自分へとも判らない呟きをしながら車を山に。
走りなれた道に車を駆り、上りなれた道を登ります。
天気もこんな風だから展望も望めない。
今日は取りあえず登れればいい。

登りはじめると、どうも感じが違う。
確かに空一面が灰色で山間が霞んでいるのですが、異様に遠くまで見渡せるのです。
最近の雨で空気が澄んでいるのでしょうか。
遠くは九州の背骨ともいえる熊本の山々、桜島はもとより開聞岳も。
山並みの折り重なる合間には霞がかかり、山並みがグラデーションを描いて薄く、小さくなって遠ざかっています。
その霞ぐあいの遠望はちょと素敵でした。

この寒波で樹氷がついていました。
雪は期待していなかったのですが、樹氷は嬉しい誤算です。
しっかりとカメラに収めて早々に降りました。
2時間弱の慌しい山行です。
未だ来ぬ先の結果を思い悩んでいたのがバカみたいです。
登ってみれば嬉しい誤算もあるものです。
プロフィール

谺

Author:谺
田舎にようこそ
数年ほど前に鹿児島のとある山里の古民家に移住し、昼は野山を、夜はネットを徘徊しています。

このサイトはそんな田舎暮らしの日々と、暇つぶしに作る短歌の話などを書き綴る備忘録的ブログです。

検索フォーム
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
チャップリンの誕生日が昨日だったので Apr 17, 2018
【転載】連作のすすめ Apr 16, 2018
霧島の山深くに佇む炭化木 Apr 15, 2018
今年もグミの花が一杯咲きました Apr 14, 2018
酢漿草のハートの葉っぱ Apr 13, 2018
サイトマップ

全ての記事を表示

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR