霧島連山 樹海を家族山行(H19/5)

ミヤマキリシマ今日は久々の家族山行です。
霧島はツツジの季節です。
入山者が多くて、高千穂河原の駐車場も満杯になります。

今日はそんな喧騒の縦走路をさけ、あまり山歩きしていない者でも大丈夫な新燃岳の麓の樹海をあるくコースにいたしましょう。
ここはツツジも綺麗です。

あさ、9時に高千穂河原につくと、もう駐車場は一杯です。
宮崎、山口からの大型バスも止まっています。
いまの季節、霧島は大人気です。

そんな喧騒を横目で眺めながらいつものように霧島神宮の旧宮跡から入っていきます。
暫くすると躑躅ヶ原です。
ああ、この名前は勝手に付けました。
杉林から抜けると草原が広がっており、そこにミヤマツツジの群生があります。
いつもだったら、ピンク色に染まっているはずの草原も、まだ蕾がめだちます。
それでも、いくつかの先走り者がポツリ、ポツリと花をつけています。
何処にでも組織に馴染まない者がいるものです。

躑躅ヶ原を抜けると皇子原へ向かう樹林ルートです。
もう翠も濃くなった木々の作る影が、折り重なるように登山道を覆っています。
そこに何とか地表へ届こうという木漏れ日が所々を白く照らしています。

皇子原ルートを左に曲がり、しばらく行くと道筋に湧き水があり、樋が通してありました。
小さなお猪口がおいてあります。
そこで口を漱ぎ喉をうるおしてみました。
冷たい水が喉元を通り過ぎていきます。
日常で、あたりまえのように使っている水、その水のありがたさ、心地よさ、神聖さが喉元から伝わってきます。

いつもだったら素直に左に曲がって樹海に入っていくのですが、近いので炭化木を見に行くことにしました。
相変わらず自然の時間、雄大さ、力を見せてくれる炭化木です。
もう随分前に噴火した霧島の山、そのときに立ち木のまま炭と化した木々が、沢の水によって姿をあらわした物です。
往復でも10分程の寄り道です。

樹海にはいって暫くすると、ツツジの群生がありました。
ここのツツジは満開です。
新燃岳の稜線を借景に、咲き乱れるツツジの庭園。
素晴らしい光景です。
どうして、植物は声もなく見ることもできないのに、申し合わせたように一斉に咲くのでしょう。

草原に出ました。
しかし、ここのツツジは蕾も固く、「また、来てくださいね」と催促しているようです。
この辺りになると随分と高度も高いのか、低層のツツジが草原に一杯です。
これが咲いたら・・・、そう思うと、また来るしかないでしょう。

観光ルートと化した縦走路を新燃岳、中岳と皆さんと一緒に歩きます。
ぽつぽつとツツジの咲いているところもありますが、まだ少し早いようです。
おやおや、子供を背負った人がいますよ。
1歳くらいでしょうか。10Kgくらいでしょうか。
それにしても歩くのが早い。

中岳の下の方は観光客で一杯です。
皆さん、霧島のツツジ、自然を堪能しているようです。
いいですねぇ、自然の力を一杯受け取って帰ってくださいね。
おやおや、子供がないていますよ。
疲れたかなぁ。
お母さんも、ここで抱っこして歩くのは大変でしょう。
あら、あら、おいて行かれそうです。
あ~あ、泣きながらついていっていますよ。
そうやって自分の足で歩く事を教わっているのかも知れませんね。
青い空と翠の木々、大地を薄紫に染めるツツジ、その間を吹き抜ける心地よい風。
そんな霧島の山での一コマの風景です。

高隈山系の縦走(H19/5)

高隅[6:30] 「コツコツ」、車の窓を叩く音で目をあけると青い空です。
今日は高隈山行です。ここの待ち合わせは3人、そして垂水港へ、ここで11人そろい登山口に向かいます。皐月のひんやりとした風は、今日の山行に相応しい、清々しい気分を添えてくれます。
山好きを乗せた四輪駆動車が大野原林道を進みます。くねった道を左右に、それと同じくらい上下にも揺れて進んでいきます。

[8:58] スマン峠登山口は、相変わらず暗い入り口を開けて待っていました。出発するとのっけから坂道です。「ふぅ」と言う間もなく坂は急になっていきます。一九坂です。水のみ場と書いてある道標には「一、九坂」との表記、この「、」は何だろうと思いながらも急登は続きます。

[10:00] スマン峠で一息ついて妻岳を目指します。今日は妻岳直登コースを進むとリーダーの説明がありました。30年前には道があったとか。「藪こぎ」、頭に浮かんだ単語を二重線で消して出発です。暫く進むと登山道が稜線から外れてきます。「藪こぎ」、消したはずの単語が前後から聞こえてきます。
「道がな~い」、前の方から声がして、果敢なチャレンジは終わりを遂げました。通常ルートにもどって御岳・妻岳の分岐を進みます。

[10:40] 御岳・妻岳の分岐です。リックを下ろせば、何処からとなく振舞いが。ロールサンドを頂きながら見回すと、見返草が一面に広がっています。常緑の木々から零れ日、その下の一面の見返草に紫の花が付くとどんな風景になることでしょう。秋かぁ。

[11:10] 妻岳の登りも急でした。妻岳の頂上について、断念した直登コースを確かめてみます。まだ、ルートは微かに残っているようです。さぁ、今後誰かが、この直登コース挑戦するのでしょうか。ここから御岳、二子岳を眺めてみます。御岳・妻岳・二子岳、この高隈家族は結構タフです。

[11:42] 二子岳は妻岳から見ると「もっこもっこ」と二つのピークが見えましたが、ピークもコルも分からぬままに、「ここがピークです」との声。遠景と実際に踏み入れた感覚とは合わないものですね。昼食場所を求めて平岳へ向かいます。途中に大きな崩落がありロープが渡してありました。「男はいいねぇ」、入会後最初の参加である私を打ち捨ててリーダーは前に行ってしまいました。

[12:32] トラバースしたあと、少し戻って平岳頂上です。ここでちょっと遅い昼食です。らっきょ、スイカ、ビワ・・・色々な物が回ってきます。「山に行くと体重が増えるのよ」、何処かで誰かが呟いています。青い空と心地よい風、山行仲間の笑い声が山頂をうめて週末のひと時が過ぎて行きます。30分の和やかな風景です。

[13:20] いくつものロープが垂れる登りを進むと横岳山頂です。山頂の祠の前で証拠写真を。ここの展望は素晴らしく、鳴之尾牧場の赤い屋根が、緑の中にチャーミングなワンポイントを醸しています。今まで歩いてきたルートが一望でき、その行程の長さに3mmくらい鼻が高くなります。
ここから林道に向けて下っていきます。この下りも厳しく、ロープを頼りに降り、断崖の上をそろりと歩き、時には転びそうになりながらも、踏み道とテープを頼りに進みます。
[14:40] 突然、目の前に林道が現れました。白山林道です。「おつかれさま」、何処からともなく声が漏れてきます。でも、「おつかれさま」ではありません。途中で見かけたとんがり山、刀剣山に向かうことになりました。ここから30分ほどの道のりです。

[15:30] その岩は大きく目の前を遮ります。垂れたザイルを手に登っていくと、そこは絶景、素晴らしい展望に一同リックを下ろします。今日の見納めに高隈の山々をしっかり目に焼き付けて林道にもどります。

[16:45] 刀剣山オプションツアーを1時間ほど入れて、林道をスマン峠登山口に戻っていきます。この長い道のりをワイワイと1時間ほど歩いて車に到着です。
ここで本当に「おつかれさま」。
9時取り付きの5時到着です。当初の予定どうりに8時間の山行でした。
さて、誰かが秋に高隈の見返草のことを思い出してくれるでしょうか。

初夏の高千穂峰 草原の中を歩く(H19/5)

高千穂峰高千穂峰を鹿児島側から登るとガレ場で、とっても登りにくい山です。

写真は高千穂峰を宮崎県・高原側から登る時の写真です。
ほぼ山頂直下なんですが、稜線つたいに草原の中を登っていく感じです。
鹿児島側と随分と違う雰囲気の登山道です。

見えないでしょうが、写真の中央のところに小さい鳥居があります。
霊峰、高千穂峰の入り口という感じでしょうか。

写真の上の雲に隠れたところあたりが頂上です。
しばらく登ると草がなくなりガレ場を登ることになります。
勾配も急になり、ちょときつい所です。

宮崎側からは神武天皇の生まれたといわれる王子原からのルートと東神社ルート、御池小学校ルートの3つがあります。
3つのルートは途中で合流して山頂を目指すことになります。

途中に二子石という巨石があります。3つの巨石があるのですが、どこから見ても2つの石が見えるので二子石というそうで、良い休憩場所です。

鹿児島側からと比べると距離も長くて、変化があり、面白いコースです。
両方に車を置いて宮崎側から登って、鹿児島側に降りていくコースを時々楽しみます。

初夏の霧島 ミツバツツジを愛でに(H19/5)

ミツバツツジそろそろミツバツツジも咲いている頃でしょうか。
この頃になると霧島のツツジの事が気になってしょうがありません。
風の便りでは4月の忘れ雪で、今年のツツジは遅れ気味とか。
そんな事を考えながらの霧島山行です。

今日のコースは中岳・新燃岳の麓を回るコース、霧島樹海コースです。
今回で2回目、無事に迷わずにいけるでしょうか。

今日は関西からのお客様も一緒。
空港にお出迎えからはじまります。
そんなこんなで、登り始めたのは11時でした。
大体、5時間のコース、天気も予想に反して曇り気味。
ん・・・、と思っていたら、のっけから入り口を間違えちゃいました。
ん・・・、大丈夫だろうか。

そんな不安いっぱいの出発も、歩き始めると青空も見え始めとりあえず順調に。
すぐに現れた草原のツツジは、まだ蕾も固い感じです。
そのまま、例の厳重注意の看板を左にまがり、樹海に入って行きます。
「んっ、なんだか違う」
後ろから声が・・・、どうも新燃岳方面に左に曲がるのをまっすぐに来たようです。
このままだと竜王山に行ってしまいます。
慌てて戻ると、ありました小さい案内版が・・・よかった~。

前から団体さんが・・・、ここでは人に会うのも珍しいのに団体さんに会ったのは初めてです。
そう、この時期は霧島のツツジを求めて沢山に人が入山しています。
「ミツバツツジはどうでしたか」
「咲いていましたよ、7部咲きくらいです」

そうこうしている内に湿原です。
この時期は、ここは花園となっているらしい・・・、でも今年は疎らな感じ。
やっぱり早かった様です。
ここで遅い昼食を取ることにします。

縦走路にぶつかったところで、せっかくだからと新湯方向にしばらくいってミツバツツジを見ることにしました。
ここから10分も歩けばミツバツツジのトンネルがあるはずです。

ちょっと蕾も目立ちますが、咲いていました。
綺麗です。
毎年、ここのミツバツツジは素晴らしい姿を見せてくれます。
もう少しで満開でしょう。
でも、来週の週末では、ちょっと遅いかもしれません。

そのまま新燃岳から中岳を通って高千穂河原に戻ります。
ミツバツツジも早いくらいですから、ミヤマキリシマはまだ蕾も固く、5月末から6月始め位が良さそうです。
出発したときは曇っていた空も青空が広がり、目の前には高千穂峰が勇壮です。

4月始めと同じコースでしたが、ミツバツツジを堪能することができました。
今度はミヤマキリシマが咲く頃に訪れたいコースです。
新燃岳の火口壁がツツジで紫にそまります。
プロフィール

谺

Author:谺
田舎にようこそ
数年ほど前に鹿児島のとある山里の古民家に移住し、昼は野山を、夜はネットを徘徊しています。

このサイトはそんな田舎暮らしの日々と、暇つぶしに作る短歌の話などを書き綴る備忘録的ブログです。

検索フォーム
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
チャップリンの誕生日が昨日だったので Apr 17, 2018
【転載】連作のすすめ Apr 16, 2018
霧島の山深くに佇む炭化木 Apr 15, 2018
今年もグミの花が一杯咲きました Apr 14, 2018
酢漿草のハートの葉っぱ Apr 13, 2018
サイトマップ

全ての記事を表示

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR