【転載】連作のすすめ

nishikie2905.jpg


 この文章がにしき江に掲載される頃は、恒例の二十首詠に取り掛かっている方も多いのではないだろうか。私は連作が好きだ。一首の短歌はスナップ写真のように、その時々の情景や想いを切り取って表現できる。しかし、それを上手く並べていくと卒業アルバムのように物語を紡いでくれたりする。

→続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

酢漿草のハートの葉っぱ

7076404985_a08624a3d0.jpg


梅雨晴れ間ここぞとばかりに背伸びする 繁縷、酢漿草、薺、車前草 (谺)

読めますか?
この短歌は歌会に出した短歌です。ちょっと歌会のメンバーに意地悪をしました。
わざと難しい漢字をつかって読み仮名もつけませんでした。

→続きを読む

声にならない叫びが迷い込んできたら・・・

a0002_000235.jpg


宛先も差出人もわからない叫びをひとつ預かっている (奥田亡羊)

どんな叫びでしょうねぇ。
会社の中を漂っているような叫びなんでしょうか。
なんかの拍子に自分のところに居ついてしまって、そうねぇ迷い猫みたいに。

→続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

【転載】取り込む俳句と吐き出す短歌

nishikie2905.jpg



 テレビ番組で俳句の毒舌批評が人気を博しているようだ。有名な方々の俳句に容赦なく赤を入れていく姿は時に爽快である。その毒舌俳句先生こと夏井さんと同じ師をもつ方から、時折吟行に誘われる。

→続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

正岡子規の短歌

DSCN3992-546x410.jpg


歴史小説が大好きです。中でも司馬遼太郎の大ファンです。司馬遼太郎と言えば「坂の上の雲」です。そして今、NHKがかって放送した「坂の上の雲」をレンタルで見ています。

ご存知のとおり、「坂の上の雲」は日露戦争を舞台にした物語で、日本海海戦などで活躍する秋山兄弟、短歌・俳句の中興の祖とも言える正岡子規が主人公です。

→続きを読む

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

谺

Author:谺
田舎にようこそ
数年ほど前に鹿児島のとある山里の古民家に移住し、昼は野山を、夜はネットを徘徊しています。

このサイトはそんな田舎暮らしの日々と、暇つぶしに作る短歌の話などを書き綴る備忘録的ブログです。

検索フォーム
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
チャップリンの誕生日が昨日だったので Apr 17, 2018
【転載】連作のすすめ Apr 16, 2018
霧島の山深くに佇む炭化木 Apr 15, 2018
今年もグミの花が一杯咲きました Apr 14, 2018
酢漿草のハートの葉っぱ Apr 13, 2018
サイトマップ

全ての記事を表示

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR